福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2007年07月22日

佐治刃物(越前打ち刃物)その2

 佐治さんの工場もほかの工場と同じく、あまり広くありません。

 どこにでもある町工場といった感じです。


 工場の前景です。
 saji 07-000.JPG

 
 でもここで造られているナイフは世界に認められて輸出されているのです。

 日本の職人気質が世界に認められているのです。

 応接室に何気なくおかれている数々のナイフの賞状がそれを物語っています。
 saji 07-007.JPG

 
 
 この人が佐治さんですが、とても忙しいにもかかわらず見ず知らずの私が訪れた際にも丁寧に説明をしてくれました。

 saji 07-009.JPG

 saji 07-010.JPG
 
 ありがとうございました。


 ここで大まかな形を造り上げて・・・、

 saji 07-013.JPG

 さらに砥石で削って形を整えます。

 saji 07-011.JPG


 その後はさらに磨いていって、ナイフが出来上がります。


 柄につける鹿の角もたくさんおいてありました。

 saji 07-012.JPG


 一本のナイフが出来上がるまでには、いろんな工程を経て出来上がりますが、その中の一つでも疎かにしたら世界に通用するようなナイフはできないのでしょう。


 これからも、世界に通用するようなナイフを造っていってほしいと思います。

 私もいつかは佐治さんのナイフを一本持ちたいと思います。




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 10:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特産物(越前打ち刃物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月21日

佐治刃物(越前打ち刃物)

 佐治 武士

 この名前を聞いてぴんと来た人は相当の通です。

 まずはこの本を見てください。

 saji 07-001.JPG

 この本は定期的に出ているナイフの本ですが、この本に特集が組まれるほど有名な人です。

 そんな人がここ武生におられるのです。

 
 佐治さんは打ち刃物伝統工芸士で、数々の賞を取ったんですが、なんといってもその名を有名にしたのは、フランスでの受賞だと思います。

 この賞状はフランス語で書かれているため、よく分かりませんが、受賞は2002年ということだけは分かります。
 saji 07-004.JPG
 隣の賞状が伝統工芸士の賞状です。

 他にも賞状はあります。
 saji 07-005.JPG


 佐治さんの工場では直接ナイフは売っていないんですが、応接室においてあった商品の一部を紹介します。

 saji 07-002.JPG

 saji 07-003.JPG
 

 ナイフは危ないから持たないという人がいますが、ナイフは野外で行動するときには非常に便利なアイテムです。

 必要以上に大きなナイフを持つ必要はないですが、それでも小さくても一本気に入ったものを持つのは悪くはありません。


 かく言う私も実はナイフが好きで一本もっています。
 
 knife.JPG
 
 残念ながらこれはナイフですが、ちょっとに行くときにはベルトに挟んで出かけます。


 佐治さんのナイフはアメリカヨーロッパはもちろん、最近では中国にも輸出されているそうです。

 確かに、ナイフを手にしてみると、ずっしりと重くて、手にぴったりとする感じがします。


 もしナイフに興味があるのでしたら、佐治さんのナイフをコレクションの一つに加えてください。

 佐治さんのナイフは越前打ち刃物会館の他に武生ナイフビレッジでもお求めになれます。

 ただしあまり数はおいてありませんが・・・・・・・。


 明日も佐治刃物さんの工場の様子をお伝えします。


 お楽しみに!!

posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:18| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特産物(越前打ち刃物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

岩井刃物工場(越前打ち刃物)その2

 私が訪れた岩井刃物工場さんは、何人もの人が刃物を作っているのではなく、家族の人が力を合わせて作っている会社です。

 本当に家内工業的な工場から世界に通用する刃物を作っているのです。

 すごいことです。


 工場の前景です。
 iwaihamono 07-010.JPG

 工場の中に入ると、鋼をたたく音が聞こえてきます。
 iwaihamono 07-011.JPG

 訪れたときは、息子さんが刃物を作っている最中でした。

 
 鉄の棒を熱する炉です。
 iwaihamono 07-015.JPG

 昔は炭を使っていたんですが、今ではコークスを使っています。

 写真に見える炉の中の棒をたたいて、刃物にします。


 熱した鉄の棒を取り出して、さめないうちにすばやくたたいて形を整えていきます。
 iwaihamono 07-017.JPG
 この時に、トントンという音がします。


 その後、再び炉の中に入れて熱して、再び叩くという作業を繰り返します。

 その間に、鋼を貼り付けて再びたたきます。
 iwaihamono 07-016.JPG


 こうして作っていきます。


 このような工程を経て越前打ち刃物は作られます。

 ですからあまり大量生産はできません。

 でも一本一本作っているからこそ、切れ味はどこにも引けを足らないんだろうと思います。


 武生の池の上工業団地を訪れたときに、トントンという音が聞こえてきたら、気軽にのぞいてみて下さい。

 世界に通用している刃物が作られている光景を目にすることができます。

 この刃物団地で作られている刃物は、団地の入り口にある会館でもお求めになれます。

 いろんな種類の刃物が展示即売されています。

 あまりの種類にちょっとびっくりするかもしれません。


 お待ちしています。

posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 05:25| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 特産物(越前打ち刃物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月19日

岩井刃物工場(越前打刃物)

 私が日本全国に、いや世界に知ってもらいたい福井の特産品の一つに越前打ち刃物があります。

 でも残念ながらあまり知られていません。

 福井人は宣伝が下手なんでしょうか?

 それとも、職人気質が邪魔をしているんでしょうか?

 打ち刃物は量産ができないのが原因でしょうか?

 どれが主な原因かはわかりませんが、いずれにしても残念でなりません。

 

 話は変わりますが、ゾーリンゲンって知ってますか?

 この名前は少し年をとった人には、聞いたことがある名前だと思いますが、世界的に有名なドイツ刃物メーカーですが・・・・・・。

 切れ味ではすでに相手ではありません。

 切れ味の持続性でももはや敵ではありません。

 それなのに知られていないなんて・・・・・・、福井県人として我慢できません。


 そんなすごい刃物を作っておられるところを紹介します。

 今回は岩井刃物工場

 武生刃物工業団地にあります。
 
 お店といっても工場の片隅にあるのですが、岩井刃物さんで作っておられる商品です。

 iwaihamono 07-001.JPG

 家庭用や業務用の包丁が並んでいます。
 iwaihamono 07-000.JPG

 iwaihamono 07-003.JPG

 他にも狩猟用ナイフも造っておられます。
 iwaihamono 07-005.JPG

 昔ながらの和バサミですが・・・・・・・、
 iwaihamono 07-006.JPG
 
 この和バサミは池坊 お生花鋏です。


 いかがですか?


 世界に打って出ても負けないくらいの技術を持ったところが福井県にもあるんです。

 知られていないだけなんです。

 
 岩井刃物さんのような打ち刃物を作っている会社は他にもありますが、ぜひ有名になってほしいと思います。

 
 岩井刃物さんの打ち刃物の商品をもっと知りたい方はこちらからどうぞ。


 岩井刃物工場さんの住所は
 〒915-0873
  福井県越前市池の上刃物工業団地
  TEL:0778-24-1623
  FAX:0778-22-3305
  メール:iwaihamono@wt.ttn.ne.jp



武生の越前打ち刃物団地を訪れた際には、お立ち寄りください。


 お待ちしています。


 明日は工場内の作業風景をお届けします。


 お楽しみに!!




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:15| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 特産物(越前打ち刃物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月21日

タケフナイフビレッジ(越前市)

 越前そばの里の近くにタケフナイフビレッジがあります。

 ここには以前にも訪れたことがあるのですが、その時は日曜日だったため、作業が見られませんでした。


 今回は運良く見られましたのでその様子をお知らせします。


 タケフナイフビレッジです。

 naifubirejji 00.JPG

 階段を上って中にはいると、そこかしこに打ち刃物を作っている光景が見られます。

 naifubirejji 01.JPG


 鉄は熱いうちに打て!!です。

 naifubirejji 04.JPG


 研ぎを入れます。

 naifubirejji 02.JPG
 

 この建物は2階から入ると刃物作りの行程や伝統工芸士の顔ぶれ、刃物の製造風景が見られるようになっています。


 そして最後には、お店に行き着きます。

 naifibirejji 07.JPG

 ここでは農作業等に使う日常的なものからん万円もするようなナイフ鉋刃がありました。


 わたしは男ですのでナイフには興味があります。

 何本かは持っているのですが、何万円もするようなナイフは私の様な男には一寸役不足です。


 ナイフに興味のある方は是非訪ねてみてください。

 
 きっと、お気に入りのナイフが見つかると思います。

 雑誌「ナイフ」にも載っている人のナイフもあります。


 お待ちしています。


 ナイフビレッジさんは

 〒915-0031
   福井県武生市余川町越前の里前
   TEL:0778-27-7120
   FAX:0778-27-7100
   URL:http://www.chuokai-fukui.or.jp/~tkv/

 
 地図は

  タケフナイフビレッジ
 クリックすると大きくなります。

posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:04| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 特産物(越前打ち刃物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

タケフナイフビレッジ

 武生にはもう一つ、打ち刃物を製造販売しているところがあります。

 それはタケフナイフビレッジです。

naifu.JPG



 場所は、「越前市余川町越前の里前」、ちょうど「越前打ち刃物協同組合」があるところの反対側です。

 といっても、少し離れていますが・・・・。

 ここは、昨日紹介した「越前打ち刃物協同組合」とは違って・・・・・。



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 21:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 特産物(越前打ち刃物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

越前打ち刃物

 今日やっと念願だった越前市池ノ上町に行ってきた。

 ここは、「越前打ち刃物」の協同組合がある場所なのだ。

 uchihamono.JPG
  越前打ち刃物会館



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 23:46| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特産物(越前打ち刃物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。