福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2009年11月14日

三丁町(小浜市)

 朝の連続テレビドラマ「ちりとてちん」でロケ地となった三丁町

 その三丁町を久しぶりに訪れてみた。

 小浜公園の近くに車を停めて、その界隈を歩いてみることにした。

 ここからが三丁町への入口
 sanchoumachi 09-1000.JPG

 sanchoumachi 09-1001.JPG


 しばらく行くと見慣れないお店があった。

 確か以前に訪れたときにはなかったお店。
 sanchoumachi 09-1002.JPG 


 小腹もすいていたので、ちょっと立ち寄ってみることに・・・・・・・。
 
 中に入ると、すっきりした間取りのお店。
 sanchoumachi 09-1004.JPG

 階段としても利用できる棚が飾られていた。
 sanchoumachi 09-1003.JPG
  
 sanchoumachi 09-1005.JPG


 お店の人に話を伺うと、つい最近開店したのだとか。

 テレビドラマの影響で、ここを訪れる人が多く商売になると考えたんでしょうか。

 で、メニューの中のカレーライスを注文しました。

 sanchoumachi 09-1006.JPG
 
 カラーライスが出てくるまで椅子に座って外を眺めていると、通りを行きかう人が時折見えて、それが格子戸のせいで一コマ漫画を見ているようでした。


 外に出ると、人通りはぱったりとやんで静かな佇まいだけが残っていました。

 sanchoumachi 09-1007.JPG

 sanchoumachi 09-1008.JPG
 

 以前は男衆や芸者たちの声が行き交かい賑やかだったであろう三丁町。

 そんな昔の雰囲気を今でも感じることが出来ます。

 時折聞こえてくる三味の音が、ふとそんな気持ちにタイムスリップさせてくれます。



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 06:08| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

鯖街道(小浜市 いずみ町)

 NHKの連続テレビ小説ちりとてちんで有名になった福井県 小浜市

 アメリカの大統領選挙でも有名になった小浜市。

 その小浜市から一本の道が京の都まで続いています。

 街道の名前は さば街道


 そのさば街道の起点がいずみ町です。

 izumichou 09-000.JPG


 余り広くない路地の両側にはやはり海産物を扱っているお店がたくさん並んでいます。

 izumichou 09-003.JPG


 ご存じ鯖の丸焼きです。

 これ美味しいんですよね。

 醤油をかけて食べると他に何もいりません。

 izumichou 09-002.JPG

 残念なことに地物の鯖は捕れなくなっていると言うことでした。


 izumichou 09-007.JPG


 さば街道の歴史が詰まっている小さな資料館。

 izumichou 09-004.JPG

 izumichou 09-008.JPG

 izumichou 09-006.JPG

 izumichou 09-005 .JPG


 小浜市にはたくさんの見所があります。

 それが小京都と言われる所以です。

 国宝や重要文化財がたくさん残っている街です。

 春夏秋冬見所でいっぱいです。


 今度の日曜日には、ちょっと足を伸ばして小浜まで来てみませんか?


 桜も見頃です。


 お待ちしています。








posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:13| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

熊川宿

 昔の街並みがきれいに保存され、その宿場の中を歩くと昔にタイムスリップしたかのような感じになる場所、熊川宿

 桜が咲く少し前に行ってきました。

 宿場の入り口には、役人が不審者を見つめています。

 kumagawa 09-027.JPG


 道路沿いには、古い民家を利用した土産物屋さんが立ち並んでいます。

 kumagawa 09-022.JPG


 お店の前を流れる小川には、芋車が廻っていました。

 kumagawa 09-020.JPG


 きれいに保存されています。

 kumagawa 09-016.JPG

 kumagawa 09-017.JPG

 kumagawa 09-008.JPG

 kumagawa 09-005.JPG


 道路には車の往来もなくきれいに舗装されていて、ふらっと立ち寄って、のんびりと店先を覗きながら歩くには良いところです。

 kumagawa 09-002.JPG

 kumagawa 09-004.JPG

 kumagawa 09-006.JPG

 kumagawa 09-007.JPG


 その昔宿場町をして栄えた熊川宿
 
 昔のままの街並みが保存されている宿場としては、福井県内ではここだけだと思います。

 知名度では、中山道妻籠宿には及ばないかも知れませんが、ここを訪れる人が増え、街に活気が戻り、若者達が戻ってこれるような街になってくれればいいと思います。


 一つのことがきっかけになり、その輪が拡がって行くことは街の将来に対する可能性が生まれてきたんだと思います。


 熊川宿を歩いていて、そんな感じを受けました。


 


posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 05:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

辺見勘兵衛家(熊川宿)

 昔の街道筋の宿場の風情が今も色濃く残っている街 熊川宿

 その宿場町にあって、町屋を改修して残されている家があります。

 その辺見勘兵衛家を訪れてきました。

 hennmike 09-000.JPG

 この旧辺見家は江戸時代「高島屋」を名乗り、宿場の中で荷物の継立てをする問屋として活躍しました。

 また、伊藤忠商事株式会社2代目社長の伊藤竹之助の生家でもありました。
 
 家は住みやすいように改修されていて、この家には泊まれるようにもなっているとのことでした。


 玄関をくぐると、おみやげなどが売られています。

 hennmike 09-001.JPG


 家の中は昔の面影を残しながらも、現代風に変えられています。

 hennmike 09-002.JPG

 昔の家具も、こうやってみると一つのインテリアになってしまいます。

 hennmike 09-003.JPG


 食堂兼居間、吹き抜けになっています。

 hennmike 09-006.JPG


 居間から見える中庭と蔵。

 hennmike 09-004.JPG


 2階にある表通りに面した子供部屋

 hennmike 09-008.JPG
 

 2階の吹き抜け。

 hennmike 09-009.JPG


 古い家でも手を加えれば充分住める家になります。

 古い民家の問題点は、家の中が暗いと言うことがありますが、階段の周りを吹き抜けにしたり、天窓をとって明るさを確保すれば快適な住居になります。

 また、民家は夏は涼しいけれど冬は底冷えしますが、断熱材を使用することによって建具の気密性が良くなり、快適な町屋生活が出来るようにしてあります。

 
 旧辺見家の住宅はこの様にして保存改修が行われました。

 この保存改修は民家を現在建てられている家よりも、もっと住みよい家に出来ることを実証したモデルとしての意味を持っています。


 熊川宿を訪れた際には、辺見家に立ち寄ってみてください。

 昔の家が現代風に、しかも明るくなっていることに驚かれると思います。


 お待ちしています。















posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 05:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

柴田氏庭園(2008初冬)

 丁度1週間前の小春日和に敦賀に行き、柴田氏庭園に行ってきました。

 何日か前に柴田氏庭園がその持ち主から敦賀市に寄贈されたという記事を新聞で読んだからです。

 今までは個人の所有物であったが故に補修も出来ず、言わば野ざらし状態でした。

 それが敦賀市の所有になったので、保存も充分にされるのではないかと考えたわけです。

 それで現状を見に行ってきました。


 表門は昔と変わらない佇まいです。

 shibata 08-000.JPG

 雪対策として、木々には雪釣りがしてありました。
 
 shibata 08-001.JPG

 shibata 08-002.JPG

 入場者向けのパンフレット置き場は昔と変わらず、ちょっとくたびれています。

 shibata 08-003.JPG


 流石に国指定の庭園だけあって、日本の庭園美を感じさせます。

 shibata 08-004.JPG

 shibata 08-006.JPG


 訪れたときには庭師さん達が、雪対策に木々の世話をしていました。

 shibata 08-005.JPG


 ですが、悲しいこともありました。

 昨年までは、本宅の裏に蔵があったんですが、屋根が抜け落ちていたりして補修できなかったんでしょうか、基石だけが残っているだけでした。

 shibata 08-008.JPG

 その蔵の屋根を葺いていたであろう瓦が、庭の片隅に野積みされていました。

 shibata 08-009.JPG


 本宅も裏に回れば鉄パイプで補強されており、辛うじてその原形をとどめているといった感じです。

 shibata 08-007.JPG
 
 
 この柴田氏庭園は補修されていくのでしょうが、もう少し早くに手を打っていれば・・・・・・と思うと残念でなりません。

 歴史ある建物ほど人の愛情が必要になります。

 大事にしなければ・・・・、後世に残しておかなければ・・・・・、との思いは、建物に伝わります。

 その思いが希薄になれば、建物も必要とされていないんだと感じて朽ちていくものだと思います。


 今からでも、その思いを柴田氏庭園に注いでいただきたいと思います。

 将来に禍根を残さないためにも・・・・・・。

 










        
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 09:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

熊川宿

 熊川宿に行ってきました。

 私が住んでいる街からはちょっと遠いのでなかなか行けないのですが、機会があって行ってきました。

 約1年ぶりの熊川宿は昨年よりも少し賑やかになってような気がします。

 熊川宿の入り口にある駐車場に車を置いて・・・・・・。

 kumagawa 08-000.JPG

 kumagawa 08-004.JPG


 昔は茅葺き屋根だったと思うんですが、今ではトタンで葺いています。
 kumagawa 08-001.JPG

 ナマコ壁がきれいです。
 kumagawa 08-002.JPG

 各家の前には水路が流れていてそこで洗い物が出来るようになっています。
 kumagawa 08-003.JPG

 お馴染みのたばこ屋の看板です。
 kumagawa 08-005.JPG

 以前よりお店が増えているような気がします。
 kumagawa 08-006.JPG
 
 kumagawa 08-007.JPG

 kumagawa 08-008.JPG

 
 私が訪れたのは土日ではなかったんですが、観光客の方が大勢散策されていました。

 kumagawa 08-009.JPG

 kumagawa 08-010.JPG

 こんなところにも名前が着いている路地がありました。

 kumagawa 08-011.JPG


 熊川宿は街並みがきれいに保存されています。

 ちょっと立ち寄って、名物のクズを頂いてみては如何でしょうか?

 今の時期、美味しいですよ。



 お待ちしています。

















posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 08:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

瓜割りの滝

 暑い一日でした。

 まだ本格的な夏ではないのに、こんなにも暑いと自然と足は涼しい場所に向かいます。

 久しぶりに瓜割りの滝に行ってきました。

 uriwari 08-000.JPG

 短い距離ですが、杉の木林の中を森林浴しながら歩いていきます。

 uriwari 08-001.JPG

 uriwari 08-002.JPG

 直ぐに写真集に載っているような光景が見えてきます。

 uriwari 08-003.JPG

 uriwari 08-005.JPG


 ここの水は皇太子ご夫妻が旧上中町に来られた際に飲まれていたんですね。

 uriwari 08-004.JPG


 水がこんこんと湧き出ています。

 uriwari 08-006.JPG
 
 uriwari 08-007.JPG
 

 湧き出ている水に手を浸けてみるとひんやりと冷たく、熱さを暫し忘れることが出来ました。

 この場所で足湯が出来ればもっと涼しさを感じることが出来るのかも知れませんが、流石にそれは出来ません。


 これから夏が始まります。

 街中の喧騒を逃れて、少しの静寂と涼しさを瓜割りの滝で感じてみては如何でしょうか?

 
 お待ちしています。


 場所は
 瓜割の滝
 クリックすると大きくなります。




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:52| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

気比神宮(桜)

 今の時期、桜の名所と言われる場所はどこでも大勢の人集りです。

 そんな中、落ち着いた場所で桜を楽しみたいと思って気比神宮に行ってきました。


 kehijingu 08-000.JPG


 石橋を越えた左側には川にかかる桜があります。

 kehijingu 08-002.JPG


 巫女さんが沿道を清めていました。

 kehijingu 08-007.JPG


 kehijingu 08-009.JPG

 kehijingu 08-011.JPG

 
 神宮の裏側にある茶屋です。

 kehijingu 08-013.JPG


 茶屋甘酒を注文して、テーブルに腰掛けながら桜を愛でる・・・・、
 kehijingu 08-014.JPG

 気持ちが清々しくなりそうです。


 kehijingu 08-020.JPG


 一人きりで桜を楽しみたいときには、気比神宮は穴場かもしれません。

 椅子に腰掛け、木漏れ日の中小鳥の声を聞きながらのんびりと・・・・・・・。



 お待ちしています。














posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:08| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月03日

島山神社(おおい町)

 大島半島にある島山神社には他にはあまり見られない点があります。

 それは入り口が二つあるんです。



 神社の階段を上っていくときには判らなかったんですが・・・・・・。
 simayama 08-001.JPG

 simayama 08-000.JPG

 神社の由緒です。
 simayama 08-008.JPG


 ご神木でしょうか?
 simayama 08-002.JPG
 随分と年輪を重ねているのが判ります。


 奉納された御神馬です。
 simayama 08-003.JPG

 境内には相撲場もありました。
 simayama 08-004.JPG


 本殿です。
 simayama 08-005.JPG


ほかににも奉納された石碑が数多くありました。
 simayama 08-007.JPG

 simayama 08-009.JPG


 そしてこれがもう一つの入り口です。
 simayama 08-010.JPG
 この鳥居を潜っていくと本殿に行き着きます。


 近くの看板を見ると三つある鳥居の真ん中の鳥居だと思います。

 simayama 08-011.JPG

 鳥居の向きを見ると、入り口が二つあると思っていたのですが・・・・。

 この図を見るとその先には重要文化財の阿弥陀堂などがあるので、途中の鳥居なのでしょうか。

 



 桜の季節になりました。


 赤ぐり崎に行く道沿いの桜も見頃を迎えようとしています。

 
 
 島山神社の場所は
 島山神社
 クリックすると大きくなります。

















posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 05:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

常神

国指定の天然記念物がある常神に行ってきました。

 三方五湖を後にしてトンネルを抜けて日本海側にでて、曲がりくねった道をひたすら進むとようやく見えてきます。

 
 左に見える島が御神島で、その対岸のくぼんだところにある集落が常神です。
 tsunegami 08-006.JPG

 眼下には海は穏やかだというのに白波が立っています。
 tsunegami 08-007.JPG


 海岸道路を走っているのにまるで山道の曲がりくねった道を走っているような感覚にとらわれながら、やっと着きました。

 tsunegami 08-000.JPG


 軒先でへしこをつくるためのを干していました。

 tsunegami 08-001.JPG
 お爺さんに伺ったところ、このは近海で捕れたではないと言うことでした。


 アジ干物にするために天日干しをしていました。

 tsunegami 08-003.JPG


 これも干して売るそうです。

 tsunegami 08-002.JPG
 名前は伺ったんですが忘れてしまいました 。



 国指定の天然記念物 常神のソテツ の看板の矢印に沿って歩いていくと・・・・・、
 tsunegami 08-004.JPG


 ありました!!!!

 tsunegami 08-005.JPG 



 おおっきい!!!
 


 このソテツは普通の民家の庭先に生えていました。

 これで1300年も経っているなんて信じられません。

生えているソテツはここだけじゃなくて、少し小ぶりですが隣の家の庭にも生えていました。


 新鮮な魚を食べたくなったら常神まで足を伸ばしてみてはどうでしょうか。

 きっと満足できるとおもいます。
  
 
 お待ちしています。



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:13| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺南の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。