福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2017年10月02日

宿場町旅情(写真紀行)

 9月13日に発売になった旅行本『宿場町旅情』に板取宿が載っていました。

 本の中には日本全国から23か所の宿場町を紹介しているんですが、福井県には、今庄宿、熊川宿そして板取宿の3ヶ所でした。

 ryokouhonn  (1).JPG

 メインに写ってるのは私が管理している家です。
 ryokouhonn  (2).JPG
 (赤い郵便受けがあるのがそれです)

 ここにも写ってます。
 ryokouhonn  (3).JPG
 屋根の形の違いが分かると思いますが、『兜作り』と言う名前がついています。
 
 戦の時に被るヘルメットの形ですね。

 この本が出るのは知らなかったんですが、写真は昨年撮られたものでしょう。

 今年撮られたものなら、屋根を差し茅をしたので境がはっきり分かるはずです。

 これでまた板取宿が有名になって訪れる人が多くなりそうです。



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 21:50| 福井 ☔| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

スズメバチ

 秋は実りの秋。

 虫も越冬に備えて忙しく働いています。

 こんなじきによく蜂に刺されたというニュースが出てきます。

 知らない内に巣の近くを通って蜂に刺されたというのがほとんどです。

 蜂の巣は短時間で大きくなるので、気付いた時にはすでに相当な大きさになっていることが多く、素人では手が出せません。

 そこで専門の業者に取ってもらうことになりますが、初めてその様子を見ることが出来ました。

 場所は板取の隣の家でした。

 まさか家の傍にあったなんて知りませんでした!!

 suzumebachi  (3).JPG
 suzumebachi  (4).JPG

 おっきい!!

 完全武装して巣に近づきます。
 suzumebachi  (7).JPG
 巣を掻き取る大きく長い網をてにもって・・・・。

 あっという間に掻き取りました。
 suzumebachi  (8).JPG



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 06:57| 福井 ☔| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

屋根の補修

 今年、私が管理している板取の家の屋根を直してもらいました。

 長年雨風にさらされて、随分と傷んで(腐って)いました。

 材料が草(ススキ)なので傷むのは仕方ありません。

 直す前の屋根はこのような状態でした。

 ススキを抑える竹が剥き出しになっています。
 yane .JPG
 yane  (1).JPG
 剥き出しになると、腐ってしまいススキを抑えることが出来なくなります。

 晴れた日に足場が組まれました。
 sasigaya  (10).JPG
 sasigaya .JPG
 
 腐った部分を取り除いて行きます。
 sasigaya  (9).JPG
 sasigaya  (4).JPG
 sasigaya  (8).JPG
 屋根が急勾配なので棒を渡して足場にします。
 



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 18:19| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

屋根の修繕(刺し茅)

 屋根の修繕が始まって約1週間経ちました。

 その間雨が降ったりしたので実質的には3日間です。

 先日は玄関の上の屋根の修繕に取り掛かったようです。

 yanenohoshuu 703  (6).JPG

 ススキの束をある長さに切って屋根に上げます。
 yanenohoshuu 703  (1).JPG
 yanenohoshuu 703  (2).JPG
 
 一旦横に置いて・・・・・、
 yanenohoshuu 703  (3).JPG

 傷んだススキを取り除いて、新しいススキを差し込んでいきます。
 yanenohoshuu 703  (5).JPG
 yanenohoshuu 703  (4).JPG

 この作業を終えた後に雨が降ったので次の日はお休みでした。

 仕事がお天気に左右されるのは致し方ないですが、梅雨時に行うのはちょっと時期が悪いですね。

 でもし上がった屋根を想像するのは楽しいです。

 どれだけ綺麗になるんでしょうか。



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 04:34| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

梅雨への備え

 梅雨に入ってしばらく経ちました。

 この時期は湿度が上がってジメジメとしてきますが、家の中も湿度が上がります。

 その湿度を少しでもあげないようにすれば家がカビることはありません。

 今年は雨が直接板塀に当たらないようにするために竹のスノコを取りつけました。

 sunoko  (1).JPG

 こうすれば雨が板に当たらないので少しは傷むのを防げます。

 でももう既にカビているのであまり効果は無いのかもしれませんが、しないよりした方が良いだろうとの思いで作りました。

 sunoko  (2).JPG

 少しはましでしょうね。

 今年は空梅雨のようであまり激しい雨は降ってません。




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 01:34| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

屋根の補修(刺し茅 その1)

 定期的に屋根の補修をしなければいけない茅葺き屋根の家。

 今年は私が管理している家の補修をすることになりました。

 足場を組んで屋根の上での作業は雨が降ると延期せざるを得ません。

 お天気によって行程が変わるというのはいかにも昔ながらの作業だと思います。

 家の廻りをぐるりと囲むように足場が組みたてられ、その上での作業になります。

 sasigaya  (1).JPG
 sasigaya  (2).JPG

 腐った部分を取り除いて、新しいススキ(茅)を差し込んでいきます。

 sasigaya  (6).JPG
 sasigaya  (3).JPG



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 09:48| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

屋根の修繕(刺し茅)の準備

 来週に屋根の補修が行われます。

 予算がないので毎回行うという訳にはいかないんですが、今年は私が管理している家で行われます。

 先日トラックで足場材が持ち込まれました。

 shuuzennmae  (10).JPG
 shuuzennmae  (9).JPG

 雨が降ってたんですが、家の周りに足場が組み立てられました。

 shuuzennmae  (5).JPG
 shuuzennmae  (7).JPG

 茅葺きの屋根は急で直接屋根には登れないので、足場を確保するために櫓を組みます。



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:20| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

遅い春(板取宿)

 板取宿の桜も満開になりました。

 桜の木は2本しかないので、ちょっと寂しいですが、桜が満開になりました。

 itadori sakura  (1).JPG

 itadori sakura  (2).JPG

 IMG_6508.JPG

 itadori sakura  (4).JPG

 家の前の茅場のススキも葉っぱを伸ばしてきました。

 春ですね〜〜〜!!

 これからはお天気も良くなって、ポカポカ陽気に誘われて板取を訪れる人も多くなるでしょう。

 その時のために部屋の中を少し掃除しなくっちゃ・・・・・。



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 04:21| 福井 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

龍馬が通った道

 それは偶然に目にした一枚の地図から始まった。

 敦賀市愛発船川の里展示室で見つけた。

 二枚の古地図。

 ryouma michi  (1).JPG
 ryouma michi  (2).JPG

 当時、京から越前福井藩に行くには北國街道板取峠越えと敦賀を通って木の芽峠越えの二通りがあった。

 距離的には柴田勝家が改修した栃の木峠越えが一番短かったが、京から行くには琵琶湖の西岸を行くため北國街道を利用することはないだろうと思っていた。

 しかし、当時は琵琶湖にはいくつかの港があって大津港塩津港を結ぶ航路が発達していたそうだ。

 それでも疑問は残る。

 塩津港から北國街道に抜けるには山を越えなければいけないからだ。

 そんな道は、今でこそ存在するが、当時はあったのかという疑問。

 その時に偶然目にした古地図。

 塩津から北國街道に抜ける道が記されているではないか!!

 これを見た時、疑念から確信へと変わった!!

 そうだ、龍馬はこの道を通ったに違いない!!

 この道を通って松平春嶽公に会いに福井に行ったのだろう。

 北國街道を通ったっていうことは必然的に板取宿を通ったことになる!!

 あの茅葺き屋根が残る板取宿を通ったのだろう。
 
  栃の木峠より少し下ったところから見る板取宿
 itadorinoaki  (7).JPG
 紅葉で隠れています。
 
 板取宿に残る茅葺き屋根の家
 itadori 13-1116 (2).JPG

 坂本龍馬が活躍したのはたかが5年間。

 それでもなお今も影響を与え続けている。

 これは一体どうしたことなんだろうか。
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 08:58| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

雪囲いの取り外し

 まだ所々に雪は残っていますが、板取の雪もだいぶ溶けてきました。

 雪囲いの取り外しはもう少し雪が溶けてからと思っていたんですが、お天気が良かったので思い切って取り外しました。

 道にはまだ雪が残っています。
 yukigakou hazusi  (1).JPG

 玄関先の雪囲いも・・・・、
 yukigakou hazusi  (2).JPG

 すっきりです。
 yukigakou hazusi  (8).JPG

 冬の間、薪をこんなに燃やしました。
 yukigakou hazusi  (3).JPG
 一日中焚いていた訳ではないのにこれだけ燃やしました。

 昔の生活はもっと薪が必要だったんでしょうね。

 屋根下にはまだ雪が・・・・・。
 yukigakou hazusi  (4).JPG
 雪で抜けた茅が今年は多かった。

 片側だけでこれだけの板と棒を使ってました。
 yukigakou hazusi  (5).JPG



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 23:32| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする