福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2018年09月17日

壁の補修(板取の家)

 板取の家の水道管が凍って破裂してしまいました。

 冬には気温が氷点下まで下がるのを知っていたので、流しっぱなしにしていたんですが、何故か凍って破裂してしまいました。

 破裂しても凍っていれば水は漏れてこないんですが、春になって気温が上がると氷も解けるので、一気にあふれ出します。

 板取には毎日行ってはいたんですが、水は流していたのでまさか破裂するとは思いませんでした。

 水の勢いが強かったせいか壁は落ちてしまい、おまけに辺り一面水浸しになってました。

 itadori 0218.JPG

 元栓を止めなければ水は止まらないわけですが、その元栓がある場所が雪の下。

 スコップで掘り起こしても正確にどこにあったのかは思い出せません。

 そして掘り起こすこと約30分。

 その間も水は流れ出していました。

 流れ出た土壁の泥をかき集めてバケツに入れ、あたり一面に広がってた泥水をかきだしました。

 その後、業者の方が来られて壁を修復してもらいました。

 kabe.JPG
 
 kabe (2).JPG

 修復と言っても落ちたところだけに泥を塗るだけなので、全く色が違う壁になりました。

 時間が経てば囲炉裏の煙で黒くなっていくんでしょうけど、今のところはちょっとカッコ悪いです。

 破裂した配管は取り除いたのでもう水は出てこないと思います。

 色んな事が起こりますね。





posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 15:14| 福井 ☁| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

言うな地蔵

 今庄365スキー場を上っていくと『言うな地蔵』があります。

 言うな地蔵は北國街道沿いにあるお地蔵さんで、旅人にもうすぐ木の芽峠ですよと伝える役目もしていました。

 今でこそ木の芽峠には車で行けますが、当時は峠近くにあるので旅人しか知られていなかったことでしょうね。

 車を駐車場において、矢印方向に登っていきます。

 iunajizou  (1).JPG

 登っていく距離は約100メートルくらいなので、10分も歩けば着きます。

 見えてきました。
 iunajizou  (2).JPG

 屋根の傷みが激しいですね。
 iunajizou  (4).JPG

 言うな地蔵の謂れ
 iunajizou  (6).JPG
 
 言うな地蔵を後にして木の芽峠に向かいます。
 iunajizou  (5).JPG

 この先に木の芽峠があります。
 iunajizou  (7).JPG

 木の芽峠は四季折々の彩りが楽しめます。
 
 そんなに時間がかかる場所ではないので散策を楽しむには良い所だと思います。

 散策の跡にはスキー場内にある温泉につかるのもいいですね。
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 11:06| 福井 ☁| Comment(1) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

国道から見る板取宿

 板取宿は国道365号線に隣り合わせなんですが、あまり訪れる人は多くありませdん。

 その理由は車を運転している時に視界に入らないからです。

 実際には少しは視界に入っていると思うんですが、道がカーブを描いていたり、家が道の上の方にあるからでしょう。

 写真で見ると目と鼻の先なんですが・・・・・。
 itadori 04.27 (5).JPG

 崖の上に立つ家屋
 itadori 04.27 (6).JPG
 itadori 04.27 (4).JPG
 改めて見るとこんな崖に建ってるんです。

 違う角度から見た家屋
 itadori 04.27 (1).JPG

 国道から直接板取宿に登れる石段があるんですが、ほとんどの人はその存在を知りません。

 ここからの眺めも良いものです。
 itadori 04.27 (7).JPG

 板取宿には大きなポテンシャルが隠れていると思っています。

 歴史上の人物がここを通って京や江戸、伊勢に向かいました。
 
 歴史の掘り起こしを行っていけば、戦国時代からの時間の流れが続いていると思います。

 今では忘れ去られた宿ですが、再び蘇ることを願っています。

 国内格安航空券を一括比較!
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 19:22| 福井 ☔| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月02日

もう一つの兜作り

 栃の木峠を過ぎて中の高地に向かう途中に板取と同じような作りの家が残っています。

 その家にはもう人が住んでいる気配は無いんですが、はっきりと兜作りの屋根が分かります。

 kabutodukuri  (2).JPG

 正面から見ると・・・・。
 kabutodukuri  (1).JPG
 二階に窓があって、それとすぐに分かります。

 放置されて随分と経っていると思うんですが、材料が良いものを使っているので、なかなか崩れないんでしょうか。
 
 この家の他には廻りに家は無く、随分と寂しい暮らしだったのかもしれません。

 雪さえなければ、過ごし易かったのかもしれませんね。

 kabutodukuri  (3).JPG



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 22:12| 福井 ☔| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月30日

栃の木峠

 雪崩の恐れがあるため、冬季間は栃の木峠を抜ける道(国道365号線)は閉ざされます。

 例年なら3月いっぱいまでの閉鎖ですが、今年は積雪が多かったので開通日が4月27日まで伸びました。

 それで久しぶりに峠まで行ってみました。

 道路の真ん中にコンクリートブロックを置いて通行を止めます。
 kaituu  (1).JPG
 右に行けば敦賀へ、左に行けば栃の木峠に行けます。

 細い道が上までくねくねと続いています。
 kaituu  (2).JPG
 これでも国道です。

 道沿いの杉林
 kaituu  (3).JPG
 斜面が急こう配なのが分かります。

 斜面にはまだ雪が残っています。
 kaituu  (4).JPG

 この大木が峠の名前の由来の木(栃の木)です。
 tochinokitouge  (1).JPG

 栃の木峠の由来が書かれていますが、ちょっと字が細かすぎました。
 tochinokitouge  (2).JPG

 峠から板取の方向を臨みます。
 tochinokitouge  (3).JPG

 滋賀県側にあるスキー場
 tochinokitouge  (4).JPG
 
 江戸時代の栃の木峠は北陸各藩の参勤交代の道として使われていました。
 
 今でこそ道はきれいに舗装されていますが、昔はもっと急な道で険しかったんだと思います。

 それに交通手段はもっぱら徒歩だったので時間が現在より余程掛かったと思います。


posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 21:47| 福井 ☁| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月23日

雪囲いの取り外し

 板取にも遅い春がやってきて、雪囲いを取り外しました。

 今年の冬は積雪が2メートルくらい積って、今までの雪囲いでは完全に防ぐことは出来ませんでした。

 それでも3月になると雪はその溶ける速度を速めて、今ではすっかり春の装いです。

 玄関前の雪囲い
 yukigakoi  (1).JPG

 外すと光が家の中に入ってきます。
 yukigakoi  (2).JPG
 
 yukigakoi  (8).JPG

 南側の雪囲いも外しました。
 yukigakoi  (3).JPG
 yukigakoi  (5).JPG

 北側にはまだ雪が残っていました。
 yukigakoi  (6).JPG
 yukigakoi  (7).JPG

 この作業でようやく家の中に風邪が入ってくるようになります。

 茅葺きの家は乾かすことが一番大事なことで、それをしないと長持ちしません。

 昔の人はそんな作業も苦労とは思わずに毎年行ってきたんですね。

 これでスッキリしました。
 itadori 04.04 (2).JPG
 itadori 04.04 (1).JPG




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 11:17| 福井 🌁| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月05日

屋根のコケ取り

 茅葺きの屋根はススキで葺いているので、年月とともに腐っていきます。

 この腐る速度は年と共に早くなっていきますが、その速度は手入れの仕方で変わってきます。

 屋根にコケが生えてくるのも速度を速める原因の一つです。

 それでコケ取りを定期的に行う方が長持ちするんです。

 雪がまだ残っている3月にそのコケ取りが行われました。

 梯子を屋根にかけて行います。
 koketori  (1).JPG
 koketori  (2).JPG

 屋根の下にはブルーシートを広げて、落としたススキが集められるようにしいておきます。
 koketori  (3).JPG
 
 こちら側の屋根も・・・・・・、
 koketori  (4).JPG

 高所作業なので、注意が必要です。
 koketori  (5).JPG
 koketori  (6).JPG

 他の家でも行われました。
 koketori 03.16.JPG

 今まではなかなか予算の関係か行われませんでした。
 
 腐ったら吹き替えるという方法もありますが、これだけでは屋根は保護されても家の中までは守れません。

 家は人が住んで初めて生きてくるので誰かが住むか、こまめに火を焚いたり、空気を入れ替える必要があります。

 手間ですが、こうすることによって次の世代まで引き継げると思っています。

 単に茅葺き屋根の家を持っているというだけでは、何の役にも立ちません。

 今後は、どうすれば次世代に良い状態で引き継げるのかを模索して行くことになります。

 今に生を受けたものにとっての仕事だと思います。



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 08:18| 福井 ☀| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

今年の冬

 今年の雪は例年になくよく積もりました。

 2メートルは積もったでしょうか。

 いつもは1メートルくらいの積雪です。

 板取は峠(栃の木峠)の近くにあるので平地よりも積雪は多いです。

 宿の中の道は除雪されないので雪で道が消されてしまっています。

 itadori 02.08 (1).JPG

 ここからは完全に道はかき消されてしまっています。
 itadori 02.08 (3).JPG

 雪国の必需品『かんじき』
 itadori 02.08 (13).JPG

 川の水で溶けているはずの雪が溜まってます。
 itadori 02.08 (4).JPG

 入口付近の状況
 itadori 02.08 (5).JPG
 雪が中に入り込みそうです。

 上を見上げると・・・・、
 itadori 02.08 (16).JPG
 今にも落ちてきそうな雪が屋根に積もっています。

 落ちてきた雪の下になると、大怪我をしてしまいます。

 家の中に入ると・・・・・、



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 22:31| 福井 | Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

板取の冬

 2月8日に降った雪は福井県内に大きな被害をもたらしました。

 板取もその例外ではなく、住んでいる人にとっては大変な環境になりました。

 集落に入る道は歩いた跡がありません。
 itadori 02.08 (1).JPG

 道なき道を雪をかき分けながら進んでいきます。
 itadori 02.08 (3).JPG

 水の流れが少なくなったので、雪もあまり溶けません。
 itadori 02.08 (4).JPG

 ここが入口です。
 itadori 02.08 (5).JPG

 歩いた跡
 itadori 02.08 (6).JPG
 
 だいぶ積もってます。
 itadori 02.08 (7).JPG

 家の中に入ると、ガラス窓にまで雪が入り込んでいました。
 itadori 02.08 (8).JPG

 窓から見える国道365号線
 itadori 02.08 (9).JPG



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 22:32| 福井 ☔| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

雪道(板取へ)

 昔はもっとひどかったんだろうな・・・・と思いながら板取宿へ・・・・。

 近くの駐車場に軽トラを置いて、今庄365スキー場へ行く坂を上って行きました。

 道は雪に埋もれて、人が歩いた後だけが残っています。
 itadori 01.27 (1).JPG

 真冬の時期にも昔の人は歩いて江戸を目指したんでしょうか?と思いながら・・・・。

 itadori 01.27 (2).JPG

 ここからは足跡がありません。
 itadori 01.27 (3).JPG
 私が初めて歩きます。

 雪の中を埋まりながら歩いて行きます。
 itadori 01.27 (4).JPG

 やっと家に着きました。



続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 07:36| 福井 ☁| Comment(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする