福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2007年05月30日

佐久間艇長

 日本が世界に誇れる軍人がいます。

 東郷平八郎、乃木希典、山本五十六、これらの人は知っている人は多いと思うのですが、佐久間艇長はそれほど知られてはいないと思います。

 しかしこの人ほど未だに世界の多くの軍人に感動を与えている人はいません。


 佐久間艇長が亡くなったのは、潜水艦の中でした。

 潜水艦の中で殉職したのです。

 その最期は壮絶でした。

 潜水艦が試験航行中に電気系統の故障で浮上出来なくなったのです。

 そして、死ぬ寸前まで部下の家族への配慮やお世話になった上官・教師に対する感謝の気持ちを遺書を書き残しました。

 世界広しと言えども死に際してこのような行動をとれた軍人はいません。

 同じような事故を起こした外国の例では艇内はパニックとなって閉まったのに、佐久間艇長以下14名はその持ち場を死ぬまで離れませんでした。

 このことが佐久間艇長を世界の偉人と呼ぶにふさわしい行為だと称えられています。

 
 国道27号線脇にある佐久間艇長生家への入り口です。
 sakuma 07-001.JPG


 佐久間艇長を称える沈着勇断の石碑です。
 sakuma 07-002.JPG


 石碑の後方に佐久間家の墓地です。
 sakuma 07-004.JPG


 六号潜水艦からとった六号神社です。
 sakuma 07-007.JPG


 少し小高いところにある佐久間艇長生家です。
 sakuma 07-012.JPG


 今の日本で軍人と言えばマイナスのイメージが強いのですが、実際には彼らが居るからこそ日本の繁栄があると言っても良いと思っています。

 隣国からの脅威に備えて国土を守るという任務は大変な仕事です。


 佐久間艇長のお墓には外国からの参拝者も来られると言うことです。

 それだけ偉大なる人と言うことでしょう。


 ここには資料館もありますので、佐久間艇長の人柄にふれてみてはどうでしょうか。


 お待ちしています。


 もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ。

 場所は
 佐久間記念館
 クリックすると大きくなります。







posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 01:03| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 福井の有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月24日

人村 朱美(女優)

 先週、素敵な女性に出会った。

 と言うより、その人の職場に押しかけて行った。

 場所は敦賀プラザ萬象

 その人の名前は人村 朱美さん。

 職業は女優

 彼女はあの有馬稲子さんとも共演したことがあるすごい人なのだ。

 そんなにすごい人が田舎もんのオラに会うっていうことだけでも信じられないことなんだけれど、気軽に会っていただいて色々とお話をしていただいた。

 事前にインタビューをしてもいいと言われていたけれど、何を伺ったらいいのか、どんな話題で話をすればいいのか、分からないままに話をさせていただいた。

 と言うか、そんなオラの気持ちを慮ってか、人村さん自ら話題を作って話された。

 オラはただうなずくだけだった。

 そんな中、ぶしつけな質問だとは思ったけれど、「どうして俳優業というか女優を続けているんですか?」と聞いた。

 そんな失礼な質問にも嫌な顔を一つ見せずに、

 「人が喜ぶ顔を見ることが幸せなんです。」と言っていろんな例をあげて答えてくれた。

 その返答を聞いて何故か、瀬戸内 寂聴さんを思い出した。

 瀬戸内さんは男女の仲を小説などの題材にしているのだが、その中に「人を愛すると言うことは、その人の欲することを与え、その人の欲しないことを与えないこと」と言う簡単なことに尽きると言う。

 また「相手が何を欲し、何を欲していないかを的確に知るには、想像力に頼るしかない。だから想像力は常に休みなく鍛えておかなければならない」とも言う。

 全くそのとおりだと思う。

 そして、人村さんの女優業に対しての思いを聞いたとき、何故か瀬戸内さんの言葉と人村さんの言葉が重なったのだ。

 相手の喜ぶ笑顔に幸せを感じるというのは、母親のような感情だと思う。

 だから笑顔が素敵なのだと思う。

 
 インタビュー時間は30分の予定だったけれど軽くオーバーして高山 広さんのねずぶり開演ぎりぎりまで話をうかがうことが出来ました。


 
 ありがとうございました。

 
 人村朱美さんのホームページはこちらからどうぞ。



 この記事は「単身赴任者の日常」に掲載した記事を転載したものです。

 従って、単身赴任者の日常の記事は数日後に削除します。

 
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 10:01| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井の有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

竹島 宏

 今庄そばまつり(総集編:その5)

 今日は福井県が生んだイケメン歌手「竹島 宏」を紹介します。

 どうです?なかなか男前です。
 takejima12.JPG
 はっきり言って負けてます。

 これだけ大勢のファンが来てくれました。
 takejima 7.JPG
 はっきり言ってすごいです。

 おじさんの頭が邪魔になってよく見えません。
 takejima 6.JPG
 

 シングルも良く売れてました。
 takejima 0.JPG
 雨にもかかわらず売れてました。


 この会場には三重県や東京からも追っかけが着ていたんですネ。

 それも朝早くから会場に来て場所取りをしていたそうです。
 すごいパワーです。
 ちょっと旦那さんがかわいそう・・・・かな?

 福井には五木ヒロシさんという大歌手がいますが、この竹島 宏さんもそんな大物になりそうな予感がします。
 

 それでは「竹島 宏」さんの簡単なプロフィールです。

 本 名 :竹島 宏
 出 身 地:福井県福井市
 誕 生 日:1978年8月28日
 血 液 型:A型
 
 レギュラー番組
 テレビ
  「歌謡サロン・演歌がええじゃん

 ラジオ
  「えんか侍

 ディスコグラフィ
  「いいもんだ いいもんだ
  「函館哀愁
  「札幌エレジー
  「ファースト
  「昼顔の花
  「陽のあたる場所


 竹島 宏さんの公式ホームページです。
 もっと詳しいことを知りたい方はこちらからどうぞ。

  http://www.takeshimahiroshi.com/#


 それでは全国の竹島 宏のファンの皆さん

 応援よろしくお願いします。




続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 22:25| ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 福井の有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

藤城 さやか

今庄そばまつり(総集編:その2)

今日ご紹介するのは福井県出身の歌手「藤城 さやか」さんです。

 藤城さんは福井市を中心に活動をしておられますが、今年3月22日に発売された櫻木健一さんとのデュエット曲「長崎ものがたり」を機に東京進出を目指しておられます。


 まずは、この写真からどうぞ。

 なかなか清楚な感じの方です。
 hujisiro 2.JPG
 

 ステージの脇で撮らせてもらいました。
 hijisiro 1.JPG


 ちょっと遠くて綺麗に撮れませんでした。
 hujisiro 0.JPG


 それでは「藤城さやか」さんのプロフィールです。
  出身地:福井県福井市
  本 名:塚谷理津子
  生年月日:1976年12月27日
  星 座:山羊座
  血液型:B型
  身 長:160cm
  体 重:49kg
  趣 味:料理、ショッピング
  デビュー曲:ふる里は今・・・(2004.9発売)
  
 最近の活動
  今年の4月1日(土)より毎週夜10時からFBC 福井放送ラジオ番組をオンエアー
  第一回目は「長崎ものがたり」でデュエットのお相手をした櫻木健一さんでした。
  他にも、宮路おさむさん、伊丹幸雄さん、野路由紀子さん、本郷直樹さんなどなど・・・・。
  
  毎週作詞家の「藤波研介」さんとバラエティー・トークを繰り広げています。
  もちろん新曲・福井の話題もバンバンです。

 
 連絡先は
  アイ・エンタテインメント・クリエイティブ
  〒918-8064
  福井県福井市西学園1丁目601

  
  (有)アルバトロス音楽出版
  〒150-0031
  東京都渋谷区桜丘町29−33渋谷三信ビル208
  TEL:03-5784-0220
  FAX:03-5784-0230  
  e-mail:albatross_music@ybb.ne.jp
  URL:http://www13.ocn.ne.jp/^alba/



よろしくお願いしま〜〜〜〜す。

posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 23:07| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井の有名人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。