福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2013年09月14日

一乗谷朝倉氏遺跡 (復元町並み)

 朝倉遺跡には復元された街並みが川を隔てて建てられています。

 戦国時代の庶民の生活がどのようなものだったのかが垣間見えるようになっています。

 ここで入場料210円を払って入っていきます。
 hukugennmachinami 13-09 (1).JPG

 見える限りここに昔家が立ち並んでいました。
 hukugennmachinami 13-09 (4).JPG

 竹垣の通路を抜けると・・・・・、
 hukugennmachinami 13-09 (6).JPG

 広い直線道路が延びています。
 hukugennmachinami 13-09 (7).JPG



 町屋に入ってみました。
 
 hukugennmachinami 13-09 (8).JPG

 なぜか「ちょうな」が一つ
 hukugennmachinami 13-09 (9).JPG

 加治屋さん家には・・・・・、
 hukugennmachinami 13-09 (10).JPG

 なぜか斧とちょうなが・・・・・?
 hukugennmachinami 13-09 (11).JPG
 鍛冶屋で使うような道具は置いてありませんでした。

 壁の窓は竹で編んだだけなので夏には蚊がいっぱい入ってきそうな予感
 hukugennmachinami 13-09 (13).JPG

 各家には必ず一つは井戸がありました。
 hukugennmachinami 13-09 (15).JPG

 変身どころ
 hukugennmachinami 13-09 (19).JPG
 hukugennmachinami 13-09 (20).JPG

 こんな風に変身できます。
 hukugennmachinami 13-09 (21).JPG

 これは観光地ならばどこにでもあるものですね。
 hukugennmachinami 13-09 (18).JPG

 この長屋では庶民の生活が再現されています。
 hukugennmachinami 13-09 (24).JPG
 hukugennmachinami 13-09 (23).JPG

 こちらは武家屋敷
 hukugennmachinami 13-09 (27).JPG

 入ると真ん中に井戸があって・・・・・、
 hukugennmachinami 13-09 (28).JPG

 厠がありますが、用をたすのは前向きだったんでしょうか?
 hukugennmachinami 13-09 (29).JPG
 今の生活とはちょっと違和感があります。

 調理場?
 hukugennmachinami 13-09 (30).JPG

 戦国時代にも将棋はあったんですね。
 hukugennmachinami 13-09 (31).JPG
 hukugennmachinami 13-09 (32).JPG

 街並みのジオラマです。
 hukugennmachinami 13-09 (37).JPG

 今もまだ発掘が続いている朝倉遺跡。

 時々その様子がテレビなどで発表されています。

 最近も上城戸付近から武家の屋敷跡が発掘されたというニュースが出ていました。

 まだ全部の発掘調査が住んでいないので今後の新たな発見が待ち遠しいですね。


posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 03:07| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺北の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック