福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2013年02月18日

人道の港 敦賀ムゼウム

 敦賀の金ヶ崎緑地公園に建つ休憩所に日本のシンドラーと言われている杉原千畝がビザを発給して敦賀港に上陸したポーランドのユダヤ人の記録が残っています。

 杉原千畝の略歴はこちらから。

 tsurugazeumu 13-02 (26).JPG

 中にはいると・・・・、
 tsurugazeumu 13-02 (22).JPG
 何組かの人が来ていて資料を熱心に読んでいました。

 当時の敦賀港は大陸への玄関口だったんですね。
 tsurugazeumu 13-02 (15).JPG



 ヨーロッパに行くときには敦賀港を出発して何日もかけて大陸鉄道でヨーロッパに向かいました。
 tsurugazeumu 13-02 (17).JPG
 tsurugazeumu 13-02 (16).JPG

 2階にその記録が展示されています。
 tsurugazeumu 13-02 (14).JPG

 難民の人がお金の代わりに置いていった時計
 tsurugazeumu 13-02 (2).JPG
 tsurugazeumu 13-02 (4).JPG

 杉原千畝が書いたビザ
 tsurugazeumu 13-02 (5).JPG
 当時は一つ一つ手で書いてました。

 ユダヤ人難民の避難経路です。
 tsurugazeumu 13-02 (9).JPG
 ずいぶんと長い距離です。

 上陸地点から駅までの間にいくつかのエピソードが残っています。
 tsurugazeumu 13-02 (6).JPG

 ・港に着くと敦賀は天国に見えたそうです。
 ・長い入国審査を終えて船を下りて敦賀駅に向かった。その時少年が近づいてきてリンゴやミカンを差し出した。
 ・何日もかけて日本にたどり着いた難民達に対して銭湯(朝日湯)を無料開放した。
 ・お金も食べ物もないユダヤ人達は身につけていた時計などを売りに来た。

 
 今では敦賀港は地方の一港ですが、当時は国際港として栄えていたんですね。

 そんな港に残るエピソードでした。

 地図
   




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 06:15| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。