福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2012年09月25日

越前塗山車

 少し前の新聞に載っていた漆塗りの山車がうるしの里会館で展示されていることを知って見に行ってきました。

 その山車はうるしの里会館の隣に専用の山車会館がつくられていて、その中にありました。

 urusidashi 12-09 (14).JPG

 扉は閉まっていたんですが、物は試しと手で開けてみると、すんなりと開いたので中に入って写真を撮りました。

 ちょっと不用心。

 これが山車の全容ですが、部屋が狭いのでこれ以上には撮れませんでした。

 urusidashi 12-09 (13).JPG

 正面から見ると威風堂々としています。
 
 urusidashi 12-09 (12).JPG


 この彫り物は富山の欄間で有名な井波彫刻の職人さんの手によるものです。

 urusidashi 12-09 (10).JPG
 urusidashi 12-09 (8).JPG
 urusidashi 12-09 (5).JPG

 沈金と蒔絵がきれいです。 

 urusidashi 12-09 (9).JPG
 urusidashi 12-09 (4).JPG


 制作に携わった職人さんたちです。
 
 urusidashi 12-09 (3).JPG
 urusidashi 12-09 (1).JPG

 
 urusidashi 12-09 (6).JPG


 この山車はまだ作られてほやほやの山車ですが、この山車がお祭りなんかで使われるとそれは目立つでしょうね。

 でもちょっと気になることがあります。

 それは、傷がつくこと。

 漆は傷がつきやすいと言いますから、大事に扱わないと・・・・・。

 でも、そんなことを言ってたらお祭りは盛り上がりません。

 この山車が街中を練り歩く姿を見てみたいですね。




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 05:53| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特産品(越前漆器) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。