福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2006年08月15日

和紙の里(卯立つの工芸館)

 福井県を代表する特産品の一つに越前和紙を忘れてはいけません。

 越前焼き、越前漆器、越前打ち刃物ももちろん忘れてはいけないのですが、越前和紙も忘れないでください。

 和紙の原料には、コウゾ、ミツマタ、ガンピ、とろろアオイなんかが使われますが、越前和紙の特徴は、コウゾだけで作られているという点です。
 
 主な用途は日本画の画布として使われています。

 もう一つ忘れてはいけないのが、和紙の性質です。

 日本画で超有名な平山 郁夫画伯は越前和紙を使用しています。


 紙には他にも洋紙がありますが、何と言っても和紙の特徴は中性紙であるため長持ちするということです。

 それに引き換え洋紙は酸性紙であるために長持ちしません。

 小説等の紙は古くなってくると茶色く変色しますが、これは紙が酸性紙であるためです。

 ですからお寺なんかに残っている過去帖などは古くても紙はぼろぼろになっていません。

 和紙の良さを分かっていただけたでしょうか?


 それでは和紙の里のご案内をしましょう。
 
 卯立つの工芸館の全景です。
 washinosato 00.JPG
 どれが卯立つか分かりますか?


 これが原料のコウゾの皮です。
 washinosato 05.JPG
 これを煮立てて柔らかくします。

 
 館の中ではコウゾの繊維に含まれるゴミを取り除いていました。
 washinosato 01.JPG
 これ全部手作業です。はさぞかし大変だったんでしょうね。


 紙すき作業です。
 washinosato 02.JPG
 勘だけで厚さ0.1mmぐらいに出来るそうです。
 職人技です。


 紙すきをするたびに重ねていきます。
 washinosato 03.JPG
 紙を重ねるときにマニラ麻を隅にかまして後で剥がしやすくします。
 
 この後圧縮して水分を取り除きます。


 板に一枚一枚重ねていき天日で乾かします。
 washinosato 04.JPG


 いかがでしたか?

 越前和紙を作る工程が大体わかっていただけたでしょうか。

 この卯立つの工芸館でこれらの工程を見ることが出来ます。


 場所は
 和紙の里


 住所
  福井県越前市新在家9-21-2
 TEL:0778-43-7800
 e-mail:udatsu@town.imadate.fukui.jp


 和紙の里にはこの他にも、パピルス館、和紙の里会館があります。


 来られた折にはお立ち寄りください。


 お待ちしています。









posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 00:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶺北の観光地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。