福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2008年09月26日

(株)明光建商

 鉄板やトタン屋根に塗るだけで、遮音と省エネが期待できる。

 家の窓ガラスに塗るだけで、室内温度の上昇を抑えられる。

 こんな省エネで経済的な塗料を作って施工している会社が越前市にあります。

 名前は (株)明光建商

 meikou 08-000.JPG

 場所は
 明光建商
 クリックすると大きくなります。


 明光建商さんを知ったのはサンドーム福井で行われた丹南産業フェアの時なんですが、とてもユニークな会社だなと思ったのが訪ねてみようと思ったきっかけでした。


 まずトタン屋根に塗る塗料ですが、名前をシポフェースと言います。

 会社の屋上でその耐久試験をされていましたので、実際に手で触ってみました。

 meikou 08-001.JPG

 左側がシポフェースを塗ってある屋根で、右側がただのトタン屋根です。


 その差が歴然としていて、トタン屋根は触れないほど熱かったのに対し、シポフェースを塗ってある屋根は少し暖かいという感じでした。

 お話を伺ったところ、夏の暑い時期には冷房料金を25%も削減できるそうです。

 また、雨の日には遮音効果もあり、雨音を10デシベル(70%)もカットするそうです。

 ですから、大型の施設を持っている会社等からの引き合いが多いようです。


 屋根にもシポフェースが塗ってあり、どのような施工状態になるのかを見せてくれました。

 meikou 08-004.JPG


 これもいろんな材料に塗って経時変化がどのように現れるのかを試験しているところです。

 meikou 08-003.JPG


 もう一つは窓ガラスに塗るだけで、省エネが出来る塗料です。

 名前はガードフェース
 
 
 熱ので入りは窓が一番多く、夏は熱の進入が71%、冬は逃げる熱が48%もあり、無駄をなくすには窓対策が必要です。

 実際にどの程度熱を遮断できるかは、デモ機で見せてもらいました。


 左がガードフェースを塗ってあるガラス板で、右が無処理のガラス板です。

 meikou 08-002.JPG

 この小さなテストでも6.8度の差が出ているので実際にはこの差はもっと大きくなると思います。


 シポフェースを屋根に塗ったり、ガードフェースを窓に塗ったりすることで省エネが簡単にできます。

 もちろん経済的ですね。



 もし、大型施設の屋根の断熱、遮音や家の省エネ、断熱・日焼け防止をお考えでしたらシポフェースガードフェースの採用も一つの選択肢としてお考えください。


 もっと詳しい内容をお知りになりたいときには明光建商さんのHPからどうぞ。


 明光建商さんの住所は
 
 〒915-0041
 福井県越前市葛岡町8-10-1
 TEL:0120-25-1181
 






posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 04:14| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井の優良会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。