福井県の情報はここからどうぞ。(お祭りやお泊まり、食事処などが分かります)
 今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 板取宿の情報はここからどうぞ。

2017年04月07日

龍馬が通った道

 それは偶然に目にした一枚の地図から始まった。

 敦賀市愛発船川の里展示室で見つけた。

 二枚の古地図。

 ryouma michi  (1).JPG
 ryouma michi  (2).JPG

 当時、京から越前福井藩に行くには北國街道板取峠越えと敦賀を通って木の芽峠越えの二通りがあった。

 距離的には柴田勝家が改修した栃の木峠越えが一番短かったが、京から行くには琵琶湖の西岸を行くため北國街道を利用することはないだろうと思っていた。

 しかし、当時は琵琶湖にはいくつかの港があって大津港塩津港を結ぶ航路が発達していたそうだ。

 それでも疑問は残る。

 塩津港から北國街道に抜けるには山を越えなければいけないからだ。

 そんな道は、今でこそ存在するが、当時はあったのかという疑問。

 その時に偶然目にした古地図。

 塩津から北國街道に抜ける道が記されているではないか!!

 これを見た時、疑念から確信へと変わった!!

 そうだ、龍馬はこの道を通ったに違いない!!

 この道を通って松平春嶽公に会いに福井に行ったのだろう。

 北國街道を通ったっていうことは必然的に板取宿を通ったことになる!!

 あの茅葺き屋根が残る板取宿を通ったのだろう。
 
  栃の木峠より少し下ったところから見る板取宿
 itadorinoaki  (7).JPG
 紅葉で隠れています。
 
 板取宿に残る茅葺き屋根の家
 itadori 13-1116 (2).JPG

 坂本龍馬が活躍したのはたかが5年間。

 それでもなお今も影響を与え続けている。

 これは一体どうしたことなんだろうか。
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 08:58| 福井 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする