今庄の情報はここからどうぞ。
 今庄観光協会の公式ページ(河野観光協会、南越前町観光サイトなど)を紹介します。
 私が長年毎日実践しているブログの書き方をお話します。そして、副収入も得る方法も。
 誰にも訪れる定年、その時になって慌てないように安心できる生活を考えてみました。

2016年08月29日

屋根の補修(差し茅)

 少し前から続いていた板取の家の屋根の補修が終わりました。

 補修は差し茅と言うもので、痛んだ茅を取り除いて新しい茅を差しこむ方法です。

 この技術を持っている職人さんも少なくなって、技術の伝承が問題になっています。

 まず櫓を組み立てて・・・・、
 yanenohoshuu  (1).JPG
 yanenohoshuu  (4).JPG
 足場を確保します。

 屋根は勾配が急な上に腐って柔らかくなっているために直接屋根に登ることは出来ません。

 今回は土壁も少し直しました。
 yanonohoshuu .JPG

 さて作業の開始です。
 yanenohoshuu  (6).JPG

 まずは屋根の上に生えている草と腐った茅を取り除いてきれいにしてから作業を始めます。

 足場を組んで・・・・、
 yanenohoshuu  (7).JPG

 差し茅をしていきます。
 yanenohoshuu  (8).JPG
 yanenohoshuu .JPG



続きを読む
【関連する記事】
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 05:34| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月27日

打雲紙 (岩野平三郎製紙所)

 以前岩野平三郎製紙所さんの工場の様子をお知らせしましたが、今回は作られている紙の紹介です。

 岩野平三郎製紙所では日本画用の画紙を作られていますが、明治以来全国唯一の専門工場として手漉きに拘って作られています。

 また特殊な技で漉いた打雲紙水玉紙も作られています。

 これらは俳句や詩を書きとめる紙としても使用されています。

 打雲紙
 iwano  (2).JPG
 青と紫の波が綺麗です。

 こちらは跳び雲紙
 iwano  (1).JPG

 水玉紙
 iwano  (4).JPG
 大きな水玉模様と青い下地の上に雨が降ったような模様

 いずれも長年の勘と経験が作りだす美しさです。




続きを読む
posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 11:48| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井の優良会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

沢ガニ現る!!

 板取の家の前には小さな小川が流れています。

 小川と言っても自然の小川ではなく、コンクリートで固めたものです。

 でもここにも自然の適応力を見ることが出来ます。

 餌なんてあろうはずもないのに沢ガニがいました。

 何匹もじゃなく一匹だけですが・・・・。

 sawagani  (2).JPG

 何気なく見るとそこには沢ガニが・・・・・。

 気付いたのは沢ガニの方が早く、そそくさと隠れようとします。

 でも隠れられるような窪みはなく、少し凹んだところでじっと動かず人が過ぎ去るのを待ってるみたい。

 sawagani  (1).JPG

 昨年だったか・・・・・、川沿いにバラバラになった蟹の足が散らばってました。

 イノシシに食べられたようです。

 人の家の前で繰り広げられる弱肉強食の世界がここにあります。

 それだけ自然がいっぱいって言うことでしょうか。



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 19:40| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

練炭火鉢

 今日ネットで注文していた練炭コンロで使う蓋が送られてきました。

 蓋って言うかどうかは分かりませんが・・・・・。

 ネットで買うと送料と代引き料金がかかるので大体2倍の値段になりました、約3000円。

 ただの蓋が3000円というのはちょっと高い気もしますが・・・・・。

 でもこれがあれば練炭火鉢がつかえるようになります。

 そう考えれば安いです。

 練炭火鉢は子供の頃に使っていたのですが、衝撃があたると簡単に壊れてしまうので余り残っていません。

 この練炭火鉢は大物ゴミの日に出てきた物でひび割れしてない物を選んで持ってきました。

 renntannkonnro  (2).JPG

 右の黒いのが買った蓋です。
 
 練炭を入れる練炭コンロも今日買いました。

 これが組み立てた練炭火鉢。
 renntannkonnro  (1).JPG

 使い方は、火を着けた練炭を中に入れて蓋をします。

 その上に鍋や網を置いて煮炊きします。

 本格的な料理はしませんでしたが、簡単なお餅を焼いたり、お雑煮を作ったり、夜間を置いて欧をわかしたり出来ます。

 今は夏なので使いませんが、冬になれば部屋に入れて暖房もかねながら楽しみたいと思います。

 今から楽しみです。

 もういくつ寝るとお正月・・・・・、ちょっと早すぎ?




posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 20:58| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北國街道 板取宿 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

敦賀市 杉箸

 池の河内から谷川沿いに下りてくると小さな集落があります。

 杉箸集落。

 ここにはまだ多くの茅葺き屋根の家の面影を残している家が残っています。

 sugihashi  (4).JPG

 sugihashi  (2).JPG

 sugihashi  (3).JPG

 もしここがその価値を見出して整備されていたら・・・・と思うと、残念でなりません。

 もちろんその維持にはお金がかかりますし、住民のコンセンサスも必要となったでしょう。

 茅葺きの家は一度取り壊されると二度と建てることは出来ません。

 無くなって行く一方です。

 それが分かっているからこそ、残してほしいと思うのですが・・・・・・。
 
 人の想いとは関係なく稲穂が育って、赤とんぼが待っていました。

 もう少しで稲刈りの季節です。

sugihashi  (1).JPG



posted by 福井 県人(フクイ ケント) at 06:03| 福井 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井の街並み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする